資金調達の方法

資金調達の方法

銀行の金利引下げを引き出す! 3つの交渉術と事前に知っておくべきこと

資金調達コストをできるだけ抑えることは、経営者が行うべき努力のひとつです。 近年は低金利が続いており、銀行も「お金をできるだけ貸したい」と考えていることから、交渉次第で金利が下がる可能性も十分にあります。 金利引き下げ交渉の成功...
資金調達の方法

地銀と信用金庫、中小企業が付き合うべきなのはどっち!? メリット・デメリット比較

地銀と信用金庫、どちらの付き合いを重視すれば良いのか迷っている人も多いのではないでしょうか。 地銀の一番のメリットは協会保証付き融資を受けられる可能性が高いこと、一番のデメリットは会社の規模が小さい場合、丁寧な対応を受けられないことで...
ノンバンク・ビジネスローン

売掛債権担保融資とファクタリングの違い、銀行・ノンバンクどっちがいいのなど、疑問点まとめ

売掛債権担保融資とファクタリングはどちらも「売掛債権」を利用した資金調達方法です。 売掛債権担保融資や「銀行」や「ノンバンク」から、ファクタリングは「ファクタリング会社」から資金を調達することができます。 これら二つの方法では類...
借りない資金調達法

【中小零細企業の資金調達に】少人数私募債とは?募集の仕方と発行手続きを紹介

少人数私募債とは50人未満の少数の人を対象に発行する社債のことをいいます。 少人数私募債の発行には保証人や担保が不要で厳しい審査もないため、金融機関からの借り入れに比べて簡単に資金調達を行えることが大きなメリットです。 そして、...
資金調達の方法

銀行融資の1つ「当座貸越」の特徴と注意点

「最初に限度を設定しておいて、本当に必要な時には無審査で、すばやく簡単に借りることができる」 当座貸越を簡単に表現するとこのようになります。 銀行融資の中で「当座貸越」は、他の「証書貸付」「手形貸付」とは異なる性質があります。 最大の...
銀行融資

銀行融資の1つ「証書貸付」の特徴と注意点

銀行融資にはいくつも種類があります。 誰が使うかという点で事業資金融資、個人ローンに分けられます。 また銀行融資はもう一つ別の観点「契約の形態」でも区分されます。 契約形態とは、銀行と顧客(債務者)が融資の契約をする形のことで「証書貸...
資金調達の方法

債権者区分を改善し銀行融資の企業格付けを引き上げる方法

債権者区分を改善することは、会社の経営において非常に重要です。 なぜならば、銀行は債権者区分によって融資の可否を判断しているため、債権者区分が改善されると銀行から融資を受けられる可能性が高くなるからです。 債権者区分は「正常先」「要...
資金調達の方法

債務超過の経営者が、即日や翌日にビジネス資金を作る方法

世の中にお金を循環させることは経済の健全性を維持するために必要不可欠です。 この役目を果たしているのがビジネスを手掛ける事業者の方々で、日々の経営目標に向って頑張っておられることでしょう。 経営者を悩ませることが多いのはやはり資...
資金調達の方法

新規法人でも可能な、ビジネス資金の作り方をまとめて紹介

新たにビジネスを始めるときに「起業に必要なだけの十分な資金を借りられるかどうか」ということは、起業家にとってはとても大きな問題です。 新しいビジネスを開始してから利益を出せるまでには一定の時間が必要なため、それまでにかかってくる様々な費用...
ノンバンク・ビジネスローン

商工ローン(ビジネスローン)を借りていると、銀行融資はおりない?

スピーディな融資で、保証や担保も原則不要! 事業者の方が利用しやすいビジネスローン。 ですが、借りる際に躊躇してしまうポイントのひとつに「ビジネスローンを借りてしまうと、後で銀行融資をしてもらえなくなるのでは?」という懸念があるようで...
タイトルとURLをコピーしました