債務超過の経営者が、即日や翌日にビジネス資金を作る方法

資金調達の方法

世の中にお金を循環させることは経済の健全性を維持するために必要不可欠です。

この役目を果たしているのがビジネスを手掛ける事業者の方々で、日々の経営目標に向って頑張っておられることでしょう。

経営者を悩ませることが多いのはやはり資金繰りではないでしょうか?

自社の事業そのものは市場で強い魅力を提供していたとしても、債務超過に陥ってしまうと事業の存続は難しくなります。

一時的にでも資金の流れが滞るだけで企業は倒産してしまうことがあるので、資金調達は経営者にとって常に悩みの種となります。

事業上での資金調達は迅速性が求められる場面が多いので、スピーディな現金調達法を知っておくことは大切です。

この章では事業上必要な資金を、即日あるいは翌日など短期間で調達する方法について解説していきますから、ぜひ参考になさってください。

最高額を調達する方法 ファクタリングランキング
ビジネスローンランキング 不動産担保ローンランキング
※当サイトでよく読まれているページです

即日・翌日でビジネス用の資金を作る方法

ビジネスでは、「週末までに支払いをしないと相手方との取り引きができなくなる」、「三日以内に口座にお金を入れないと不渡りになってビジネスが続けられなくなる」など、極めて迅速な資金調達を要する場面が実際に起こり得ます。

こんな時、銀行などの一般的な借り入れや融資では、審査に数週間かかったり、保証人や担保の用意をしなければならないなどで、どうしても迅速な手配は難しくなります。

即日あるいは翌日など短期間に資金を獲得するには、正攻法の融資は役に立たないことが多いです。

通常とは異なる手段を検討する必要が出てくるので、考えられる手段を見ていきます。

親族・知人からの借り入れ

協力要請に応じてくれる人がいればの話ですが、親族や友人知人も資金提供元として考えることができます。

特に父母や祖父母など上の世代から代々事業を引き継いできたような事例では、家族親族の絆が強いことが多いので、経営上のピンチに力を貸してくれることは十分期待できます。

友人や知人については親族よりはハードルが高くなりますが、少額の資金提供であれば応じてくれる可能性は十分にあります。

ひとり頭の金額は少なくても、頭数が増えればまとまった資金とすることができるでしょう。

親族や友人知人からの借り入れは、金融機関からの借り入れよりも金利面や返済期間の面で考慮してもらいやすいという点も強みになります。

銀行などのように営利性を追求する必要性が薄いので、金利無しあるいは相当低い金利設定で貸してくれることもありますし、返済期間も長めで余裕を作ってくれることが多いでしょう。

協力してくれそうな人がいれば、親族や友人知人を頼ってみるもの十分検討の余地があります。

自己資産の売却

手っ取り早く現金を手に入れるのであれば、自己資産を売却することで即座に現金を手にすることができます。

業種や事業規模、あるいは法人経営か個人事業かにもよりますが、現状で保有している不要な財産を換価処分することも検討しましょう。

ただし、当面は使う機会が無い、または使う機会があまりない、無くてもビジネスはなんとか回していける、という財産があればというのが前提になります。

売却用の財産として利用価値が特に高いのは不動産です。

動産は市場で換金しても安く買われてしまうことが多く、換金率はあまり高くならないでしょう。

不動産は市場価値で売ることが可能で、元々の価値が大きいのでかなりまとまった資金を手にすることができます。

ただし、これは仲介による売却でのことです。

不動産業者に仲介してもらい市場で買い手を見つけるには、通常数か月の期間を要します。

これを不動産業者による直接買取による売却とすれば、買取金額は市場価値よりは少し下がりますが、市場で買い手を探す手間が要らないので迅速な売却が可能です。

即日、翌日が無理な場合でも、条件が合えば数日で入金してもらうことも不可能ではありません。

不動産業者による直接買取の場合、業者も転売などによって儲けを出さなければならないので、市場価値よりも二割~三割程度安く買わないと採算がとれません。

その分買取金額としては下がってしまうので、この点は一考が必要です。

ファクタリング

ファクタリングは借り入れや融資とは全く異なる資金調達法です。

スキームの根本が異なるので頭を切り替えて読み進めてください。

日本国内では「掛取引」が多く行われていますから、御社でも売掛債権をいくつか保有しているのではないでしょうか?

売掛債権にかかる支払日までは入金がなされないので、その間は現金を手にすることができません。

しかし資金需要は待ったなしで訪れますから、掛取引ではそうした場面で困ってしまうことになります。

ファクタリングは支払日を待たずに売掛債権を現金化することができるシステムで、法律上は債権の譲渡(売買取引)になります。

売買取引ですから、借り入れや融資のように金利を乗せて返済するという概念自体がありません。

ただしファクタリング業者も利益を出す必要があるので、一定の手数料はかかります。

貸し付けのように大きな法規制が入っていない分野ですので、手数料の額は各ファクタリング業者が自由に決めることができます。

手数料は取引の形態や譲渡する債権の価額などによって変動します。

ファクタリングの契約形態は大きく二社間ファクタリングと三社間ファクタリングがあり、後者の方が手数料は安くなるのが普通です。

二社間ファクタリングは債権を譲渡して現金化したい企業とファクタリング業者だけで契約を結ぶもので、取引先に知られずに進めることが可能です。

しかし取引先の承諾を得ないで進める形になるので、ファクタリング業者にとって高リスクな分、手数料は高めになります。

三社間ファクタリングは自社とファクタリング業者だけでなく、取引先も契約当事者となります。

つまり取引先の承諾を取らなければ三社間ファクタリングは利用できません。

ファクタリングの利用の事実を知られると「資金繰りが危ないのか」と勘繰られて取引を敬遠される可能性が出てくるなどのデメリットがある一方、ファクタリング業者としては全関係者合意の元で進めることができるため、リスクが少ない分手数料が安くなります。

二社間ファクタリングの手数料目安は大体譲渡する債権額の10%~30%、三社間では1%~5%程度です。

ファクタリングの強みは何といっても現金を手にするまでに時間がかからないことです。

二社間であれば即日、三社間でも数日でファクタリング業者から入金をしてもらうことができます。

ただし、ファクタリング業者はリスクや手間を考慮して十分な旨みが無いと取引に応じないことあります。

譲渡する債権の価額が大きいと旨みが増えますが、譲渡債権額が小さいとリスク面を考慮して取引を断られることもあります。

基本的にファクタリングは法人間の取引に生じた売掛債権を買い取り対象にしますが、中には個人事業主の売掛債権にも対応する業者もいます。

個別業者で取り扱いが異なるので確認を要します。

ビジネスローン

ビジネスローンは事業性のある融資のことで、中小企業の資金調達法としてよく利用されます。

一般的な融資と違い、即日から数日程度の短期間で融資の実行を受けられることが特徴です。

迅速な融資は審査がスコアリングシステムによって行われるためです。

企業情報や信用情報、決算書の数値などから機械的に融資の可否や融資可能額をはじき出すことで、短期間での融資実行が可能になります。

また多くのビジネスローンでは担保の提供や保証人の用意が不要というメリットもあります(法人の場合は代表者が保証人となるように要求されることが多いです)。

ビジネスローンは大きく銀行が提供するものと消費者金融などノンバンクが提供するものがあり、それぞれ適用条件等が異なります。

銀行系のビジネスローンはノンバンク系よりも金利が低くなることが多く、この点ではメリットになりますが審査の面ではノンバンク系よりも柔軟性にかけることが多いです。

ノンバンク系は審査が甘めとなることが多い一方、金利面では銀行系よりも若干高くなることが多いのがデメリットになります。

ビジネスローンは個別の商品ごとに適用条件が異なるので、実際の利用に際してはローンの提供元に確認が必要ですが、利用者側から見てどのような点をチェックすれば良いのか押さえておきましょう。

①最大融資額はどれくらいか?

ローン商品ごとに「最大融資額は1000万円まで」などと決められているので、自社で必要な資金を確保できるかどうか最大融資額をチェックします。

②金利はどれくらいか?

固定金利、変動金利の別と実際の適用金利がいくらになるのかチェックします。

③担保や保証人の要不要

担保や保証人は不要なことが多いですが、中には必要なものもあるので確認が必要です。

④資金用途

融資を受けた資金は一般に事業性のある用途に利用できますが、利用用途に一定の制限がかかる商品もあります。

どのような制限があるか個別のローン商品で確認を要します。

⑤融資の実行日

急ぎの案件であれば、実際に何日後に入金を受けられるか確認が必要です。

⑥事務手数料

金利とは別に、融資にかかる手数料はいくらなのか確認します。

⑦利用条件

業歴〇年以上あること、税金の未納がないこと、金融機関の店舗で取引可能なエリアに所在すること等々、利用にあたっては個別の金融機関ごとに設定されている条件を満たさなければビジネスローンを利用できません。

サービスの提供元がアナウンスする情報を基に概要を確認し、必要に応じて詳細を電話等で問い合わせましょう。

即日・翌日に資金を作る際は手数料や金利に注意!

ビジネスローンは迅速な融資の実行を受けられることや担保や保証人が不要なメリットがある分、一般的な融資よりも金利が高くなります。

また別途手数料もかかりますから、この点も考えて返済が可能かどうかシミュレーションが必要です。

ファクタリングの方は同じく即日~短期間で売掛債権を現金化することができ、また借り入れではないので金利という概念はないものの、手数料の負担は大きいためやはり注意が必要です。

資金調達が短期決戦である以上は迅速性を最優先で考えなければなりませんが、融資の場合は返済が可能かどうか、ファクタリングの場合は当月のピンチは脱しても翌月、翌々月の事業運営に支障が出ないかどうか検討が必要です。

親族や友人知人からの借り入れの場合は金利面で考慮してくれることが多いので、頼れる人物がいる場合には融資やファクタリングよりも優先してあたってみてください。

金利負担や手数料の負担を防ぐために、売却しても支障が無い資産があれば、こちらの換金処分を最優先して考えるのが最も安全です。

まとめ

本章では債務超過などで資金需要が発生した事業者の方が、即日から翌日など短期間で資金を調達する手段について見てきました。

安全性を考慮すれば不要な資産の売却が最も優先されますが、親族や友人知人を頼りに借り入れをお願いすることも考えられます。

もし売却可能な財産や頼れる人がいない場合、ファクタリングやビジネスローンを利用する手もあります。

手数料や金利利息などのデメリットはありますが、ファクタリングもビジネスローンも短期間で資金需要に応えるサービスなので、いざという時にはこのような方法もあるということを覚えておいてください。

最高額を調達する方法 ファクタリングランキング
ビジネスローンランキング 不動産担保ローンランキング
資金調達の方法
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
資金調達大全
タイトルとURLをコピーしました