ファクタリングのメリットは「債務超過や税金未払いでも調達可能」なところ!

ファクタリング

資金調達したいが、債務超過や税金未払いのため借り入れできないと諦めている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、そういった状況でもファクタリングであれば利用できる可能性があります。

今回は、債務超過や税金未払い状態での資金調達について解説します。

税金の未払いや債務超過状態だと銀行は貸してくれない

銀行で借り入れをする場合、審査を通過しなければ借り入れができません。

そして、審査のときのポイントは貸したらちゃんと戻ってくるかどうかという点になります。

もし税金の未払いや債務超過状態の場合、返済能力が低いと見られてしまうため、審査を通過できる可能性が極めて低いです。

そのため、債務超過や税金未払いをしている場合、銀行からの借り入れは厳しいでしょう。

銀行以外のノンバンク系なら貸してくれる可能性はある?

銀行から借り入れするのは厳しいですが、消費者金融や信販会社といったノンバンク系であれば貸してくれる可能性があります。

しかし、銀行と比べれば審査は甘くなりますが、申込条件を満たしていなければ借り入れできません。

そのため、ノンバンク系なら絶対に借りられるわけではないので注意しましょう。

ファクタリングであれば売掛金さえあればOK

銀行とノンバンク系の審査に落ちてしまい、借り入れ先に困っている人におすすめしたいのがファクタリングによる借り入れです。

ファクタリングとは、売掛債権を入金前に譲渡して資金化する資金調達方法のことで、債務超過や税金未払いの状態でも、売掛金さえあれば利用が可能です。

理由としては、審査基準が取引先になるため、自社の信用度に関係なく資金調達ができるからです。

銀行やノンバンク系の審査に落ちてしまった人でも、ファクタリングなら借り入れできる可能性が高いのでおすすめです。

ただし入金までの日数や手数料には要注意

ファクタリングを利用するときには、いくつか注意点があります。

1つ目は、売掛金の入金までの日数が短いほど審査が通りやすいことです。

入金までの日数が短いほど倒産のリスクが少なく、ファクタリング会社のリスクが減るためです。

できるだけ審査に通りやすくしたい、という方は入金までの日数が短いものを利用しましょう。

2つ目は、手数料に消費税が含まれている場合です。

ファクタリングは非課税取引のため、消費税は一切かかりません。

しかし、ファクタリング会社によってはしれっと契約書に消費税を含んでいる場合があります。

ファクタリングを利用するときは、契約書にしっかりと目を通すことようにしましょう。

まとめ

今回は、債務超過や税金未払い状態での資金調達について解説しました。

銀行やノンバンク系の審査に通らない人はファクタリングを利用してみましょう。

ファクタリングは、売掛金さえあれば利用可能となってます。

ただし、入金までの日数によって審査の難易度が変わったり、手数料に消費税が含まれている可能性があるので、利用時には契約条件をしっかり確認しましょう。

ファクタリング借りない資金調達法資産売却
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
シェアする
資金調達大全