個人事業主がファクタリングを使う際に気をつけるべき4つの点とは

個人事業主がファクタリングを使う際に気をつけるべき4つの点 ファクタリング

個人事業主であってもファクタリングを利用して、請求書などの売掛債権をスムーズに現金化することができます。

この記事では、個人事業主がファクタリングを利用する際に気を付けるべき点や、個人事業主が簡単に申し込めるファクタリング会社を紹介します。

ファクタリングは国が推進する資金調達方法であり、安定した経営を行うためにもぜひ活用すべき方法のひとつです。

それでは、個人事業主のファクタリングについて、詳しくみていきましょう。

最高額を調達する方法 ファクタリングランキング
ビジネスローンランキング 不動産担保ローンランキング
※当サイトでよく読まれているページです

ファクタリングをする際に気をつける点

個人事業主がファクタリングを申し込む場合、気をつける点がいくつかあります。

審査から現金の受け取りまでをできるだけ早く行うためにも、それらの注意点をしっかりと理解しておくことが大切です。

開業届を出して屋号を持っているか

正式に個人事業主になるには税務署に正式に「開業届」を提出し、申請する必要があります。

ファクタリングは個人事業主の利用も可能ですが、正式な個人事業主であることが条件です。

自称「個人事業主」とならないように、開業届を出して屋号を取得するようにしましょう。

社会保険などの滞納をしていないか

ファクタリングの審査は、売掛先の信用能力や支払い能力が審査されますので、個人事業主側の審査は基本的にはありません。

しかし、個人事業主として「しっかりと事業を行っている、信用力がある事業者である」と認識された方が、信用力が高いと判断され、有利になります。

社会保険料は滞納せず支払っておくようにしましょう。

売掛先は法人になっているか

ファクタリングを行うための売掛債権は、法人のものである必要があります。

ファクタリングの審査では、売掛債権を発行した会社の信用力や支払い能力を確認します。

個人事業主が発行した売掛債権は「信用力が低い」と見なされ、ファクタリングをして現金化することはできません。

ファクタリングができるのは法人の売掛債権のみと覚えておきましょう。

売掛債権の額と期間に問題はないか

売掛債権が少額の場合、ファクタリング会社で受けつけてもらえないことがあります。

ファクタリングでは、ファクタリング業者に支払う手数料や印紙税などの費用が必要です。

あまり少額の売掛債権だと手元にお金がほとんど残らないため、一定額以下の売掛債権を扱っていないファクタリング会社が多くなっています。

小口の売掛債権を扱っているかどうかをまずは事前に確認しましょう。

また、売掛債権の期間にも注意が必要です。

売掛金は通常、1か月から3か月ほどの間に入金されます。

この期間が長ければ長いほど、売掛先の業績が悪くなったり、資金繰りが悪化したりする可能性が高くなります。

こういった場合は「リスクが高い売掛債権」と見なされ、ファクタリング審査に通らないことがあります。

個人事業主のファクタリングをスムーズに行うためには、売掛債権の額が小さすぎないこと、支払いサイト(入金されるまでの期間)が短いことが重要です。

個人事業主でも申し込めるファクタリング業者

個人事業主が申し込めるファクタリング業者はたくさんあるので、「手数料が低い」「来店不要」など、自分が希望する条件に合った業者を選ぶことができます。

また、ファクタリングの査定は無料です。

どらくらいの額で売掛債権を買い取ってもらえるのか、気軽に問い合わせをしてみると良いでしょう。

OLTA


OLTAの特徴

OLTAは、オンラインですべて完結するファクタリングサービスです。

ファクタリングを申し込むためには、一般的にはファクタリング業者の店舗に行く必要があります。

しかし、OLTAであれば、申し込みから現金振込まですべてインターネット上で行うことができ、それが個人事業主にとって大きな魅力となっています。

OLTAの総評

OLTAのメリットは以下の5点です。

  • 審査が早く、即日もしくは翌営業日に現金が振り込まれる
  • 申し込みから契約、振込まですべてオンラインで完結
  • 遠方でもオンラインで簡単に申し込みができる
  • 手数料が安く、上限が9%と決められている
  • すべて2社間ファタリングのみなので、取引先に知られる心配がない

小口の売掛債権も取り扱ってもらえるので、個人事業主でも利用しやすくなっています。

手続きも自分のオフィスから簡単に行うことができます。

OLTAの基本情報
取り扱い最低金額 最低金額の設定なし
手数料 2~9%
2社間ファクタリング
3社間ファクタリング なし
現金を受け取るまでの日数 最短即日
ファクタリングのトライ


ファクタリングのトライの特徴

ファクタリングのトライは、個人事業主の申し込みも受けつけており、手数料が低いことが大きな特徴です。

2社間ファクタリングの手数料が最低5%からとなっているため、コストをできるだけ抑えることができます。

ファクタリングのトライの総評

ファクタリングのトライのメリットは、以下の4点です。

  • 最短で即日に現金が振り込まれる
  • 事業を立ち上げたばかりで決算書などの書類が揃わない場合でも、売掛債権を買い取ってもらえることがある
  • 手数料が安く、2社間ファクタリングでも5%からとなっている
  • スタッフの手厚いサポートが受けられる

ファクタリングのトライでは、開業したばかりで信用力が低い場合や、売掛債権の支払いサイトが長くリスクが高い場合でも、柔軟に対応してもらうことができます。

ファクタリングがはじめてであっても、スタッフが質問や相談に気軽に応えてくれますので、まずは無料の見積を取ってみると良いでしょう。

ファクタリングのトライ基本情報
取り扱い最低金額 最低金額の設定なし
手数料 5%~
2社間ファクタリング
3社間ファクタリング なし
現金を受け取るまでの日数 最短即日
ファクターズ


ファクターズの特徴

ファクタ―ズは小口の請求書の買取に定評があるファクタリング会社です。

ラクラク30秒見積もりという便利なサービスがあり、必要事項を入力するだけで、請求書の買取額を無料で見積ることができます。

ファクターズの総評

ファクタ―ズの一番のメリットは、とにかく入金が早いことです。

最短4時間で入金が完了するので、早く現金が必要な人には魅力的なファクタリング会社となっています。

審査通過率が93.4%、リピート率が91.3%、資金繰り改善率が92.8%となっており、利用者からも高い評価を受けています。

ファクタ―ズの基本情報
取り扱い最低金額 30万円~
手数料 10%~
2社間ファクタリング
3社間ファクタリング なし
現金を受け取るまでの日数 最短即日(最短4時間)
えんナビ


えんナビの特徴

30万円から利用可能な「えんナビ」

インターネットや電話、郵送を利用した利用ができるため、全国どこにいても気軽に申し込みをすることができるファクタリング会社です。

えんナビの総評

えんナビのメリットは以下の5つです。

  • ネットや電話、郵送などを使って来店せずに契約ができる
  • 無料出張をしてもらえるので、地方の事業者でも安心して対面契約できる
  • 最短即日で現金化が可能
  • 2社間、3社間ファクタリングのどちらかを選択できる
  • 24時間365日対応で、土日でも申し込みが可能

来店せずに契約ができることから、忙しい経営者でも気軽に利用できることが大きなメリットとなっています。

また、無料出張サービスを利用すれば地方在住でも追加費用なしで、対面で説明を受けながら契約ができます。

えんナビの基本情報
取り扱い最低金額 30万円~
手数料 10%~
2社間ファクタリング
3社間ファクタリング
現金を受け取るまでの日数 最短即日(最短4時間)
ウィット


ウィットの特徴

ウィットは小口専門、非対面で契約できることが特徴のファクタリング会社です。

ファクタリング業者を訪問する必要がないので、オフィスから電話で簡単に申し込みをすることができます。

ウィットの総評

ウィットのメリットは、以下の4点です。

  • 小口専門なので、個人事業主への対応が手厚い
  • 最短2時間で現金化が可能
  • 非対面で、電話やメールで申し込みから契約まで可能
  • 全国どこからでも申し込みができる

電話で申し込みができるので、初めての利用であっても、相談しながら契約をすすめることができます。

ウィットの基本情報
取り扱い最低金額 最低金額の設定なし
手数料 5%~
2社間ファクタリング
3社間ファクタリング なし
現金を受け取るまでの日数 最短即日(最短4時間)

まとめ

個人事業主がファクタリングを利用すると、銀行融資に頼ることなく、必要なときにすぐに現金を手に入れることができます。

また、入金サイトが長い売掛債権をファクタリングで現金化しておくことで「予定していた時期に入金されない」という経営上のリスクを減らすこともできます。

小口の売掛債権に対応している会社も多くありますので、個人事業主はファクタリングをうまく活用して現金にゆとりがある、リスクが低い経営を行うようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました