OLTAと業務提携した先から申し込むメリットはあるのか。OLTAに直接聞いてみた。

OLTA業務提携 ファクタリング
スポンサーリンク

OLTAのクラウドファクタリングは、インターネット上で、請求書をすぐに現金化できるサービスです。

通常のファクタリングでは、実際にファクタリング会社を訪問して申し込みや契約を行う必要があります。

しかし、OLTAのクラウドファクタリングであれば、申し込みから現金が振り込まれるまでの過程をすべてインターネット上で済ませることができ、利用者にとって使いやすいサービスとなっています。

このように、利便性が高いOLTAのクラウドファクタリングは高い注目を集めており、提携する企業も続々と増えています。

この記事では、OLTAのファクタリングの特徴と、OLTAと業務提携する企業でファクタリングを申し込むメリットについて詳しく解説していきます。

経営者にとって資金繰りはとても重要です。

必要なときに簡単に現金を調達できる、OLTAのクラウドファクタリングについてしっかりと理解していきましょう。

最高額を調達する方法 ファクタリングランキング
ビジネスローンランキング 不動産担保ローンランキング
※当サイトでよく読まれているページです

OLTAが業務提携しているのはどんな企業?

OLTAのファクタリングは、中小企業経営者への新しい資金調達方法として注目されており、業務提携を行う企業も増えています。

OLTAと業務提携している企業は、以下のようになっています。

自社のユーザーへ提供したいサービスとして、OLTAのクラウドファクタリングが選ばれていることがよくわかります。

OLTAのクラウドファクタリングは、ユーザーへ利便性を提供し、資金調達をスムーズにするサービスのため、OLTAの業務提携先の企業はより増えていくでしょう。

業務提携企業 事業内容
リンカーズ株式会社 ものづくり系プラットフォーム「Linkers」や金融機関向けマッチングシステム「Linkesr for BANK」、web展示会システムの「eEXPO(イーエキスポ)を運営している。
株式会社ライトアップ IT化支援を中心とした経営コンサルティングを提供。経営課題を入力すると、最適な解決施策が自動的に提示される自動コンサルシステム「Jエンジン」が注目を集めている。
シェルフィー株式会社 内装や建築のマッチングサービス「内装建築.com」や総合建設プラットフォーム「Greenile.work」を運営。建設業界の中小企業や個人事業主向けのサービスを展開している。
Chatwork株式会社 社内外のコミニュケーションを円滑に進めることができるビジネスチャットツール「Chatwork」を運営。

OLTAの業務提携先から申し込むメリットは今後出てくる予定

OLTAのクラウドファクタリングは利用者にメリットがあるサービスのため、クラウドファクタリングを自社のユーザーに利用してもらいたい企業とOLTAとの提携が増えています。

OLTAのクラウドファクタリングは、OLTAから申し込むだけではなく、このような業務提携先から申し込むことも可能です。

このような業務提携先から申し込むメリットを問い合わせたところ、各ユーザーに対するキャンペーン(例えば、Chatworkの早期入金利用者限定のキャンペーンなど)も出てくる予定とのこと。

問い合わせ時のやりとりがこちら↓

このように、OLTAの業務提携先のユーザーは、よりお得な条件でOLTAのクラウドファクタリングを利用できる可能性があります。

OLTAとの提携企業が行っているサービスを利用しているのであれば、そのサービス経由でクラウドファクタリングを申し込むと、よりお得な条件でクラウドファクタリングを利用できる可能性があります。

逆に、OLTAのクラウドファクタリングをスムーズに利用するために、OLTAの業務提携先のサービスにあらかじめ加入するという方法もあります。

では、そんなOLTAのファクタリングはどのような特徴を持っているのでしょうか。

OLTAのクラウドファクタリングの特徴

OLTAのクラウドファクタリングには、通常のファクタリングに比べて利便性が高いことが特徴です。

OLTAのクラウドファクタリングの特徴は、主に以下の7点となっています。

申し込みから振込までインターネットで完結

OLTAのクラウドファクタリングの一番の特徴は、インターネット上ですべて完結できるという点です。

売掛債権(請求書)の現金化をする場合、ファクタリング会社の事務所に実際に足を運んで申し込みや契約をする必要があります。

ただ、忙しい経営者にとって、ファクタリング会社を訪問する時間や手間がかかることがデメリットです。

また、ファクタリング会社自体は大きい企業ではないことが多く、小さな事務所を尋ねるのが不安という人もいます。

OLTAのクラウドファクタリングのサービスであれは、申し込みから必要書類の送付、現金の振込まですべてインターネット上で完結することができますので、事務所に行ったり、担当者と面談することはありません。

OLTAのファクタリングであれば、不安を感じることなく、手早く現金を手に入れることができます。

買取額の上限・下限がない

OLTAのクラウドファクタリングでは、買取額の上限・下限が設定されていません。

少額のものでも、高額のものでも、金額に関係なく申し込みをすることができます。

取引先に通知されない

OLTAのファクタリングは、すべて取引先に通知がいかない「2社ファクタリング」です。

請求書を現金化したことを相手に知られることがないので安心です。

手数料が安い

一般的なファクタリング会社では、2社間ファクタリングの手数料は「5%~20%」となっています。

それに対してOLTAのクラウドファクタリングの手数料は2%~9%と低く設定されており、低いコストで気軽に現金化できることが魅力です。

できるだけ低いコストでファクタリングを行いたい場合は、OLTAのクラウドファクタリングがおすすめです。

最短で即日振込

OLTAのクラウドファクタリングは審査が早いため、最短即日で現金を受け取ることができます。

赤字や債務超過でも問題なし

OLTAのファクタリングは、赤字経営や債務超過、税金を滞納していても申し込むことができます。

審査されるのは「請求書を発行した企業」なので、申込者の経営状態を審査されることはありません。

譲渡禁止債権も独自スキームで買取可能

「売り手と買い手の双方が債権譲渡の禁止に合意した場合に譲渡できない」という特約がついた債権を「譲渡禁止特約付債権」といいます。

この特約がついているものは、一般的なファクタリング会社では「3社間ファクタリングのみが可能」となっており、相手に通知がされない「2社間ファクタリング」での買取りはできないことが多くなっています。

しかしOLTAのクラウドファクタリングであれば、譲渡禁止特約付債権の2社間ファクタリングでの買取が可能です。

譲渡禁止特約付債権の売却であっても取引先に知られることなく行うことができます。

OLTAのクラウドファクタリングの銀行融資との比較

OLTAのファクタリングと通常のファクタリング会社、そして銀行融資における違いは、以下のようになっています。

銀行融資 通常のファクタリング OLTAのクラウドファクタリング
赤字や債務超過 ×(審査通過しにくい)
資金調達日 最短でも約1か月 最短即日 最短即日
訪問や面談 複数回 1回 ゼロ(必要なし)
急な資金需要 対応できない 対応できる(ファクタリング会社にすぐ行ける場合) 対応できる
出張費 かからない 遠方の場合は主張費が必要 ゼロ(必要なし)
審査 申込者・取引先の両方が必要 取引先のみ 取引先のみ
取引先への通知 なし 3社の場合はあり
2社はなし
なし

このように、OLTAのファクタリングは利便性が一番高く、利用者にとって使いやすいことがメリットとなっています。

まとめ

OLTAのクラウドファクタリングは、以下のような人にとって特に利便性が高く、メリットが大きくなっています。

  • 手数料をできるだけ安くしたい人
  • 取引先に内緒でファクタリングを行いたい人
  • ファクタリング会社に実際に行くのが不安な人
  • ファクタリング会社から遠く、事務所に行くまでの出張費がかかる人
  • 急に資金が必要になったが忙しく、ファクタリング会社に申し込みに行けない人
  • 請求書が少額で、通常のファクタリング会社で断られる可能性がある人

また、OLTAのクラウドファクタリングは業務提携先を広げており、ファクタリング希望者にとってますます利用しやすい環境になっています。

請求書を簡単に現金化できるOLTAのファクタリングで資金調達をスムーズに行ってキャッシュフローを改善し、より着実な経営を行うようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました