【創業期編】出資と融資。それぞれの資金調達方法の違いを比較して解説

借りない資金調達法

会社の資金繰りにおいて「融資」と「出資」はとても重要ですが、その違いが正確にわからないという人も多いのではないでしょうか。

これら2つの方法は、「会社の資金調達方法」という意味では同じですが、その仕組みには大きな違いがあります。

会社の創業期では資金繰りが難しくなる場面も多いため、経営者は自分の会社に最適な資金調達方法を選ぶことが大切です。

ここでは、出資と融資の違いやメリット・デメリットについて解説していきますので、「自社に合った資金調達方法」や「一番メリットが大きい資金調達方法」を考えるための参考にしてください。

最高額を調達する方法 ファクタリングランキング
ビジネスローンランキング 不動産担保ローンランキング
※当サイトでよく読まれているページです

融資と出資の違い

融資と出資は、どちらも会社経営のための資金を調達する方法ですが、これらのふたつの方法には大きな違いがあります。

自社に最適な資金調達の方法を選ぶためにも、まずは融資と出資の違いをしっかりと理解する必要があります。

融資とは

融資とは、銀行などの金融機関がお金を貸すことをいい、融資を受けた側は元本と利息を計画的に返済していく必要があります。

つまり、融資を受けるということは、借金をするということです。

融資を受けたお金はもらうことができず、「いつか必ず返す必要があるお金」ということになります。

融資では、借りた金額に利息を上乗せした額を、何年にもわたって毎月返済していく方法が一般的です。

融資はどのような会社でも申し込むことができますが、融資を受けるための厳しい審査があり、企業の実績や財務状況をチェックされます。

起業して間もない企業や、起業して数年たつが業績や財務状況があまり良くない企業の場合は、審査に通らず融資が受けられない場合がありますので、そういった場合は他の資金調達方法を探す必要があります。

出資とは

出資とは、会社に資金援助をし、その代わりにその会社の株式をもらうことをいいます。

出資は、出資金と会社の株券を交換するようなかたちになるため、借金ではありません。

会社が金融機関から一方的にお金を借りる「融資」とは大きな違いがあります。

出資を行う人は、企業の将来性に魅力を感じたり、将来株式公開をした場合の大きな利益を見込んで先行投資を行いたいという投資家や投資専門の企業、新たに追加の資金を提供したいという既存の株主が多くなっています。

出資した投資家にとってのメリットは、将来性があると考える企業の株式を手に入れられること、株主総会で株主として経営に参加できること、業績に応じた配当金を受けとれることなどが挙げられます。

万が一会社が倒産することになっても、出資金は返済義務がないお金のため、出資者は損失が出ることになるものの、会社としては返済する必要はありません。

大きな負債を抱える可能性がないということが、出資を受けるメリットのひとつになっています。

融資を受けるメリット・デメリット

融資は一般的な資金調達方法であり、企業経営では融資を受けることで多くのメリットがあります。

しかし、いくつかのデメリットもありますので、メリットとデメリットの双方をしっかりと理解しておくことが大切です。

それでは、融資を受けるメリットとデメリットをみていきましょう。

融資のメリット1.まとまった額の資金調達が可能

融資のメリットは、ある程度大きな金額を資金調達できることです。

会社の経営では、運転資金や設備投資のためなど、様々な理由でお金が必要になる場面がありますが、融資であれば数百万から数億円までまとまった資金を調達することができます。

融資を受ける先としては、日本政策金融公庫などの「政府系金融機関」、都市銀行や地方銀行・信用金庫などの「金融機関」、消費者金融などの「ノンバンク」の3種類があり、政府系金融機関や銀行であれば、大きな金額を融資してもらうことが可能です。

金融機関 日本政策金融公庫(例:新事業育成資金・創業7年以内) 銀行(例:三井住友中小企業向け融資セレクトローン) ノンバンク(例:ビジネクストビジネスローン)
融資上限 6億円 1億円以内 1,000万円

融資のメリット2.経営権を握られる心配がない

融資では株式を譲渡する必要がないため、経営に関与される心配がありません。

たとえ数億円という大きな金額を借りていたとしても、その対価として毎月元本と利息を返済していますので、金融機関は経営方針については一切関与できない仕組みです。

このように、経営の自由度が保たれるということが融資の大きなメリットといえます。

融資のメリット3.会社の信用を積み重ねることができる

金融機関から融資を受けるためには厳しい審査に通過する必要がありますが、審査に通過するとそれが実績として残ります。

「金融機関の審査に通って融資を受けることができた」「毎月遅延なく返済を続けている」「融資金を完済した」という良い実績は記録に残り、他の金融機関にも共有される仕組みとなっています。

融資金の返済が終わると「受けた融資を完済した」ということでその会社の評価や信頼度も上がるため、次に融資を申し込んだ際には、より良い条件で融資を受けることも可能になります。

融資は借金ではありますが、それをルール通りに返済していくことで、企業の信用力を高めることにつながるという一面もあり、それが融資を利用するメリットのひとつともいえるでしょう。

融資のデメリット1.返済の義務がある

融資を受けると株式を渡す必要はありませんが、そのかわりに毎月借りた金額プラス利息を返済する義務が生じます。

創業してまだ数年で事業が安定しておらず、継続的に利益を出せていない場合は、毎月の返済が大きな負担になることもありますので注意が必要です。

融資を受ける際には、「毎月無理なく、確実に返済をしていけるか」ということを慎重に考えて決めるようにしましょう。

ただ、返済期間の途中で資金繰りが苦しくなった場合は、金融機関との話し合いで、企業の資金繰りの状態を踏まえ、現実的な返済計画に変更できる場合もあります。

このように、金融機関が柔軟に対応してくれる場合もありますが、返済義務がない「出資」に比べると、毎月の返済が発生するということは融資の大きなデメリットということができるでしょう。

融資でお金を借りた場合は、毎月返済していかなければならないため、金利が低いほうが負担が少なくなります。

会社の規模や財務状況によってかわるものの、一般的には、政府系金融期間の金利は低く、ノンバンクは高めになっています。

ノンバンクは審査が比較的ゆるく、借りやすいというメリットがありますが、上限金利はかなり高めの設定になっていますので、融資を受ける際にはさまざまな条件を考慮して、慎重に決めるようにしましょう。

金融機関 日本政策金融公庫(例:新事業育成資金・創業7年以内) 銀行(例:三井住友中小企業向け融資セレクトローン) ノンバンク(例:ビジネクストビジネスローン)
適用金利 0.3%~1.12% 2.125%~ 3.1%~18.0%
融資期間 7~20年以内(据置期間あり) 最長7年(据置期間設定可) 最長5年

融資のデメリット2.審査に時間がかかる

融資を受ける際には厳しい審査を通過しなければなりません。

ノンバンクは即日融資も可能ですが、政府系金融機関や銀行では実際に融資を受けられるまでには「最低でも1カ月」はかかると言われており、すぐにお金を借りられないことがデメリットとなっています。

また、ノンバンク以外の金融機関では、審査で「事業計画書」「予定損益計算書」「資金繰り計画表」などの書面が必要となるため、今後の見通しをもとに、正確な数字を用いて作成する必要があります。

これらの書類を作るには時間も手間もかかり、融資の申し込みのためにかなりの労力を使わなければならないということも、融資のデメリットであるといえるでしょう。

融資のデメリット3.融資条件が厳しい

融資を受ける場合、融資条件をクリアしていないと融資の申し込みをすることができません。

例えば、日本政策金融公庫の新事業育成資金では「事業の新規性や成長性の認定を受けること」「新たな事業を事業化させておおむね5年以内」といった条件を満たす必要があります。

また、三井住友中小企業向け融資セレクトローンでは「業歴2年以上であること」「債務超過でないこと」「税金の未納がないこと」などの条件があります。

ビジネスローンでは金利設定が高いぶん、厳しい申し込み条件はありませんが、政府系金融期間や一般的な金融機関の場合は、細かく申し込み条件が定められているため、それらを満たさない場合は融資申し込みをすることができず、他の方法を探す必要があります。

融資のデメリット4.資金の使い途が決められている

ノンバンクをのぞく金融機関から融資を受ける際には、融資金の使い道が厳格に決められていて、それ以外の用途には使えないという場合も多くなっています。

融資金は自由度が低いお金のため、柔軟な使い方ができないということがデメリットと言えるでしょう。

出資を受けるメリット・デメリット

出資を利用すると返済義務がないお金を手に入れることができるため、経営者にとってはメリットが大きい資金調達方法といえます。

しかし、出資者に議決権を与えることになるため、場合によっては経営に関与されてしまうという大きなデメリットもあります。

ここでは、出資を受けるメリット・デメリットについて詳しく見ていきましょう。

出資を受けるメリット1.返済義務がない

出資では、出資してもらったお金の対価として株券を渡しているため、企業は出資者に対して出資金の返済義務がありません。

このように、毎月の返済負担なしに資金を調達できるということが出資の大きなメリットとなっており、企業の資金繰りにおいて大きな効果が見込めることとなります。

また、出資を受けることは「借金」ではないため、万が一会社が倒産したときも出資金分は負債とならず、大きな借金を抱えずに済むこともメリットのひとつとなっています。

出資を受けるメリット2.担保を入れたり保証人を立てる必要がない

融資では、保証人を立てたり土地などの担保を差し入れなければならないことがあり、借りる側にとってはそれが大きなリスクとなっています。

しかし、出資の場合は経営者や親族が保証人になったり、土地を担保にする必要もありません。

融資では、返済が滞った場合は土地を失ったり、保証人が返済義務を負ってしまう場合がありますが、出資はそのようなリスクがまったくないということがメリットとなっています。

出資を受けるメリット3.出資者が会社の成長を後押しする

出資者にとって、会社に出資をするメリットは「会社が成長し、利益を上げていくこと」です。

会社が発展することで、出資者は多くの配当を受け取ったり、将来株式公開された際の利益を得ることができます。

そのため、出資者が会社にとって有益な情報を教えてくれたり、業績アップのためのキーマンとの会合を取り持つなど、会社の発展のために尽力してくれる場合があります。

また、出資者がベンチャーキャピタルなどの投資企業の場合は、豊富なネットワークによる多くの情報提供や業務提携、株式公開のための支援等が期待できます。

このように、出資者が会社の成長のために協力してくれるというところも出資のメリットのひとつとなっています。

出資を受けるデメリット1.経営権が外部に握られるリスクがある

出資を受ける際には、出資額に応じた株券を出資者にわたす必要がありますが、出資金が多ければ多いほどたくさん株券を引き渡さねばならず、出資者は株式数に応じた議決権を受け取ることになります。

多くの議決権を持っている出資者がいる場合は、その出資者が反対することで、経営における重要事項を議決できなくなってしまう場合もあります。

特に、経営者が議決権の3分の2以上を確保していない場合は、重要な事柄がスムーズに決められなくなることもあり、注意が必要です。

このように、出資で大きな金額を調達すればするほど多くの株式を引き渡さなければならず、経営の自由度が下がってしまうということが出資における大きなデメリットとなっています。

出資を受けるデメリット2.出資者を見つけにくい

出資を受けたいと考えた場合でも、そもそも出資者を見つけにくいという問題があります。

自社の業務内容や将来性を評価し、まとまったお金を出資してくれる投資家や企業がすぐに見つかるかどうかはわからないということを理解しておかねばなりません。

出資を受けることを考えるのであれば、日ごろから会社が行ってるビジネスの可能性や将来性を外部に積極的にアピールしておく必要があります。

創業期の企業はどちらを選ぶべき?

創業期の企業が「融資」と「出資」のどちらで資金調達すべきかということは難しい問題です。

なぜならば、会社によって財務状況や将来の見通しが異なるため、一概に「こちらが良い」とは言えないからです。

融資では経営権に関与されないという大きなメリットがありますが、創業期で実績がなく、経営が安定していない段階では融資審査に通らない場合もあります。

出資では、まとまった金額を調達できたとしても、その分株券を引き渡すことになるため、経営社が自由に会社の方針を決められなくなるというリスクが発生します。

融資か出資かを決める際には、それぞれのメリット・デメリットをよく理解して、自社にとっては何が一番良い方法かということを慎重に考える必要があります。

融資に適している条件、出資に適している条件は以下のようになっていますので、会社の経営状態をよく考えながら、どちらの方法が良いのかを検討してみましょう。

融資に適している条件 出資に適している条件
業績の見通しが良く、毎月の返済が負担にならない 資金繰りが安定せず、毎月の元本や利息の支払が負担である
経営権に関与されずに多額の資金を調達したい 担保にできる資産がない
土地など担保にできるものがある 債務超過や税金滞納など経営状態が悪い
将来、金融機関からより多くの融資を受けたいという希望がある 使いみちが自由な資金が欲しい
金融機関との信頼関係を作っていきたい 出資してくれる人や会社の見込みがすでにある
低金利で借りられる政府系金融機関の融資条件を満たしている 経営のアドバイスを受けたい
正確な予測に基づいた事業計画書が作成可能である

まとめ

「融資」と「出資」は会社が資金調達をするための方法です。

このふたつは言葉としては似ているものの、それぞれの仕組みやメリット・デメリットは異なるため、それらをよく理解する必要があります。

会社の資金調達を検討する場合は、「融資」と「出資」のどちらを利用するのかを慎重に検討し、自社に最適な方法を選ぶようにしましょう。

最高額を調達する方法 ファクタリングランキング
ビジネスローンランキング 不動産担保ローンランキング
借りない資金調達法 出資をしてもらう
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
資金調達大全
タイトルとURLをコピーしました