アクセルファクターの評判・口コミ・審査内容まとめ

ファクタリング

アクセルファクターは、中小企業や個人事業主の対応をメインとしているファクタリング会社です。

口コミでも対応力の高さが特に評価されており、以下のような経営者の方におすすめです。

  • 遠方だが顔を合わせて相談したい
  • 必要書類が揃わないが即日入金してほしい
  • 他のファクタリング会社に断られた

条件を満たさないから審査を断るのではなく、「審査を通すにはどんな解決策があるか」を前提に考えてくれるため、高い審査通過率を誇る会社です。

詳しい口コミ情報やメリット・デメリットはこのページでご紹介していますが、より具体的に知りたい方は、公式サイトから無料相談へ申し込みむことをおすすめします。

申し込みをする
※審査通過律93%
最高額を調達する方法 ファクタリングランキング
ビジネスローンランキング 不動産担保ローンランキング
※当サイトでよく読まれているページです

アクセルファクターの特徴まとめ

会社名 株式会社アクセルファクター
2社間ファクタリング可否
2社間ファクタリング手数料 2%~20%
3社間ファクタリング可否
3社間ファクタリング手数料 2%~20%
事務手数料の有無 非開示
資金化までの期間 最短即日入金
最低取り扱い額 30万円
最高取り扱い額 3,000万円

アクセルファクターは個人事業主でも利用できる?

アクセルファクターは「薄利多売」を基本としており、手数料も低く設定しています。

そのため、売掛金の額が少額となりやすい個人事業主からの申し込みも、基本的に「個人事業主だから」という理由で断ることはしません。

ただし、未回収リスクを少しでも抑えられるよう、審査材料が少ないケースは金額に限らず断られやすくなります。

たとえば一方が法人で依頼主が個人事業主だった場合は問題ありませんが、個人事業主同士の取り引きだった場合は、以下のようなリスクがあげられます。

  • 債権譲渡登記の手続きができない…債権譲渡が証明できない
  • 事業規模や経営状況を判断しにくい…貸し倒れリスクが高い
  • 「極」少額となりやすい…リスクに見合う利益が出ない

依頼主が個人事業主の場合は、法人相手のような債権譲渡登記による「売掛債権がアクセルファクターへ譲渡された」ことの法的な証明ができないため、リスクが生じます。

ただ、個人事業主が依頼主(売掛債権を持つ売り手)かつ法人が買い手の立場で「支払い能力があることが証明」できれば、少なくとも貸し倒れリスクは軽減できます。

法人は毎年の決算報告を公告するよう義務付けられており、事業規模や経営状況が客観的に判断しやすく、売掛金の支払い能力が容易に分かるためです。

決算報告の公告義務を持たない個人事業主相手では、債権譲渡の事実を証明することも、客観的な資料で支払い能力を判断することもできません。

上記のような二重の未回収リスクを抱えてまで引き受けるには、個人事業主同士の取り引き金額は極めて少額すぎることが多く、アクセルファクターでも断らざるを得ません。

利用を検討している方は、『個人事業主でも申し込めるが、取引内容によっては断られることがある』点を理解したうえで相談してみましょう。

アクセルファクター契約までの流れ

アクセルファクターでファクタリング契約をする場合の主な流れは、申し込み・審査・契約(入金)の3ステップです。

より細かく解説していくと、以下のような流れで契約へ進みます。

  1. 公式サイトで調達可能金額を確認
  2. 公式サイトから専用フォーム入力で申し込む
  3. アクセルファクターから必要書類の案内を受ける
  4. 面談と必要書類の提出(メール・FAX・郵送も可)
  5. 審査
  6. 審査結果の通知・契約
  7. 入金

「アクセルファクターへコンタクトを取る前に、いくら現金化できるのか知りたい」という方は、公式サイトの『カンタン10秒入力!調達可能金額を自動診断』がおすすめです。

翌月と翌々月の売掛金を入力すると、自動的に調達可能金額が計算されます。

あくまで目安となる金額ですが、調達できる額に納得したら公式サイトの『WEB申し込み』から審査を申し込みましょう。

アクセルファクターの担当者から電話連絡が来るため、打ち合わせ日時の調整と必要書類の確認を行います。

即日審査を希望する方は必要書類を持参して直接面談をおすすめしますが、遠方で難しい場合はメールやFAX、郵送でも対応してくれます。

必要書類を提出した後は審査が始まり、最短1時間程度で売掛債権の買い取り可否が決定されます。

注意点など最終確認を行った後は売掛債権の譲渡契約を正式に結び、指定口座へ入金されたことを確認します。

アクセルファクターの契約で必要な書類

審査では、できる限り事業規模や経営状況を客観的に判断できる材料が求められます。

申込者の状況や売掛先によって多少異なりますが、基本的に用意すべきは以下の必要書類です。

  • 請求書もしくは見積書
  • 預金通帳
  • 決算報告書(税務署へ提出した財務関係書類)
  • 代表者の身分証明書(顔写真つき1点)
  • 法人の印鑑証明書
  • 代表者様の個人印鑑証明書

上記の他、契約書へ押印するために会社と代表者それぞれの実印も持参しましょう。

事情があり一部の必要書類が用意できない場合でも、アクセルファクターでは柔軟に対応してくれるため、まずは担当者へ相談してみましょう。

たとえば「請求書は発行していないが支払期限の過ぎた債権がある」という場合は、取引実態が分かる基本契約書、請負契約書、業務委託契約書で代用可能です。

他にも、ネットバンキングで預金通帳がない場合や、設立したばかりで決算報告書がない場合など、状況に応じて別の書類や証明方法を提案してくれます。

身分証明書は運転免許証やパスポートなど顔写真つき1点が原則ですが、用意できないときは健康保険証に公共料金の領収書等を加えた2点の提出も可能です。

申し込みをする
※審査通過律93%

アクセルファクターのメリット・デメリット

他のファクタリング会社と迷っている場合は、メリットの他にデメリット面や実際の口コミでも比較することをおすすめします。

ほぼ同等のメリットがあるときは、妥協できるデメリットと口コミの評判が大きな判断材料となります。

アクセルファクターのメリット・デメリットとともに、この項目では実際の評判を表す口コミ情報についてもご紹介します。

アクセルファクターのメリット

アクセルファクターは中小企業を対象としており、他社では申し込みにくいような事業規模や金額でも相談できる会社です。

具体的には、以下のようなメリットがあげられます。

  • 個人事業主の申し込み可能
  • 下限30万円で少額にも対応
  • 手数料が安い
  • 柔軟な対応で契約しやすい
  • 最短で即日入金

個人事業主や小規模経営の法人による申し込みを断るファクタリング会社もありますが、アクセルファクターは3.000万円以下の取り引きに個人・法人問わず対応しています。

手数料が安く抑えられており、申し込みに関するステップも経営者それぞれの事情をくみ取って柔軟に対応してくれます。

たとえば、支払い時期が遠すぎることを理由に他社で断られた場合も、アクセルファクターでは最長180日支払いまでの債権に対応可能です。

必要書類の提出方法がメールなど持参以外も選べるうえ、面談を省略することもでき、審査通過率は業界最高レベルの93%です。

「原則は即日入金」をモットーとしており、実際に契約者の半数以上が即日入金で現金化に成功しています。

アクセルファクターのデメリット

メリットの多いアクセルファクターですが、デメリットもあります。

たとえば、以下の3点は事前に確認しておくことをおすすめします。

  • 3,000万円以上の売掛債権は対応不可
  • 取引内容によって手数料が変動する
  • 即日入金できない場合もある

買い取り対象は中小企業の少額取引をメインとしているため、3,000万円を超える売掛債権には基本的に対応してくれません。

業界でも最安値レベルと言える手数料も、売掛先の会社ごとではなく取引内容ごとに決定している点に注意してください。

複数回サービスを利用する場合、「前回より手数料が高い」契約になる可能性もあります。

ただし手数料が安くなる場合もあるため、取引内容を参考に手数料が変動する点は、デメリットでもメリットでもあると言えます。

アクセルファクターの魅力のひとつである即日入金も、100%ではありません。

必要書類の不足・取引先の経営状況の確認が難しい・個人事業主同士の取引など、事情によって審査が長引くケースがあり、実際に即日入金できているのは全体の半数程度です。

早い時間帯に面談予約を入れる(受付終了時間ギリギリに申し込まない)、必要書類について事前に確認しておくなど、申し込む側の対策が必要です。

アクセルファクターの評判は良い?口コミ情報

アクセルファクターの評判は、メインターゲットである中小企業を中心に高く、多くの方が対応力を評価していました。

実際にSNSなどで見つかる口コミは、以下のような声ばかりでした。

  • 資金繰りのアドバイスまでくれた
  • 遠方だと伝えたら翌日当社まで来てくれた
  • 月末にも関わらず、即日入金してくれた
  • ファクタリング以外の相談にも親身だった

既に複数回利用しているというリピーターの声も多く、顧客満足度の高さが伺えます。

リピーターの中には「経営悪化する前の状態からチェックして最善策を提案してくれたおかげで、ファクタリングを卒業できた」という経営改善に成功した方の声もありました。

一方で目立つような悪い口コミはなく、リピーターの多さも含めて見ると、アクセルファクターは安心して資金調達の相談ができる会社と言えます。

申し込みをする
※審査通過律93%

アクセルファクターのおすすめポイントまとめ

アクセルファクターは原則「即日対応」を心がけており、希望すればメールやFAXによる必要書類の提出にも応じてくれます。

遠方の場合は担当者が翌日には出張して来てくれたという口コミも複数あることから、フットワークの軽いファクタリング会社だということが分かります。

即日入金できないケースもありますが、審査通過率93%を記録するほど柔軟に対応してくれるため、他社で断られた売掛債権があるなど不安の多い方におすすめです。

最高額を調達する方法 ファクタリングランキング
ビジネスローンランキング 不動産担保ローンランキング
ファクタリング 銀行・企業の口コミ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
資金調達大全
タイトルとURLをコピーしました