ビジネクスト ファクタリングの評判・口コミ・審査内容まとめ

ファクタリング

ビジネクストは、東証一部上場アイフルのグループ企業が提供する安心のファクタリングサービス会社です。

法人だけでなく個人事業主の方も利用可能で、最高取り扱い額は1億円と高額対応が可能です。

手数料も月率2%以下と大手傘下ならではの低い設定ですので幅広い方が利用しやすい会社だと言えます。

ビジネクストのファクタリングサービスは、売掛金を売却する際に売掛先企業からの債権譲渡承諾書を必須としない2社間ファクタリングが可能。

そのため、売掛先企業に知られることなく取引をすることも可能です。

今回はビジネクスト ファクタリングの特徴やおすすめポイントについて具体的に紹介します。

ビジネクスト ファクタリングの特徴まとめ

金融機関名 ビジネクスト株式会社
2社間ファクタリング可否
2社間ファクタリング手数料 月率2.0%以下(前払手数料1.2%、事務手数料0.8%)
3社間ファクタリング可否
3社間ファクタリング手数料 月率2.0%以下(前払手数料1.2%、事務手数料0.8%)
事務手数料の有無 有 
資金化までの期間 約2週間
最低取り扱い額
最高取り扱い額 1億円

ビジネクスト ファクタリング利用対象者

売掛債権をお持ちの国内法人が対象となります。

ビジネクスト ファクタリング契約までの流れ

  1. 電話、資料請求・事前相談申請フォームより申込み
  2. 必要書類をビジネクスト宛にメール・FAXもしくは郵送にて提出
  3. 契約者、売掛先企業の調査
  4. 契約内容の説明、契約書締結
  5. ビジネクスト提携司法書士による債権譲渡登記手続き
  6. 登記完了後、最初に到来する請求分より前払実行

ビジネクスト ファクタリングのメリット・デメリット

ビジネクスト ファクタリングのメリット

一般的には、商品の納品やサービスの提供が完了していても売掛先企業から売掛金を回収するまでにはタイムラグが発生することがほとんどです。

それが数日や10日ほどであれば特に大きな問題はないかもしれませんが、売掛先企業の事情などで数か月~半年かかるケースもあります。

そんな時にビジネクスト ファクタリングを利用することで、回収サイトの長い売掛金を早期に現金化することができキャッシュフローの改善を図ることができます。

ファクタリングは融資ではないので負債にはなりません。

あくまでも自分の持っている売掛債権を売却して本来入ってくるお金を早めに回収するといった商品ですのでバランスシートが悪化することもありません。

そしてファクタリングは償還請求権がないので万が一売掛先が倒産しても支払いする義務が生じないのも大きなメリットです。

ビジネクストは請求書の発行や入金の管理もすべて行ってくれます。

だから通常であれば売掛先企業へ自社で行っていた事務処理の手間を省くことができるので、業務の効率化を図ることもできます。

ビジネクスト ファクタリングのデメリット

ビジネクスト ファクタリングのデメリットは、請求書発送や入金管理を収納代行業者へ委託しているため契約後別途収納代行業者への手数料がかかることです。

ビジネクストは即日の資金調達には対応していません。

ビジネクストに問い合わせたところ、資金調達までに平均して約2週間かかります。

契約書を締結してからビジネクストの提携司法書士による債権譲渡登記の手続きをするのでどうしても時間がかかってしまいます。

他社では最短即日の資金調達が可能なところもあるので本当に急いでいる方にとってはやや利用しにくいかもしれません。

ビジネクスト ファクタリングの審査で必要な必要書類

  • 法人概要資料
  • 決算書二期分
  • 売掛先企業との取引を証する書類(取引基本契約書、発注書・領収書、銀行通帳等)
  • 直近1年間の売掛金一覧、各種納税証明書、他

必要書類はあくまでも一例となりますので、各契約者によって必要書類が異なることがあります。

ビジネクスト ファクタリングのおすすめポイントまとめ

ビジネクスト ファクタリングのおすすめポイントは、東証一部上場企業であるアイフルのグループ会社ですので信頼性が高く安心して利用することができるところです。

最近ではニュースに取り上げられるほど悪質なファクタリング会社も増えており、初めて利用される方はどこのファクタリング会社を利用すればいいのか迷うこともあるでしょう。

ビジネクストは大手企業の傘下でしっかりとした実績があります。

ファクタリングだけでなくビジネスローンにも強い会社ですのでさまざまな相談に応じてくれるスキルや解決法を持っているのも魅力です。

そして、ファクタリング手数料も大手傘下ならではの月率2.0%以下と他社に比べて非常に低い手数料設定となっています。

一般的に2社間ファクタリングの場合、手数料20%程度を謳っている会社もありますのでビジネクスト ファクタリングの手数料がいかに低い設定か一目瞭然です。

3社間ファクタリングのように売掛先企業に通知を行ってしまうと、「資金繰りが厳しいのではないか」と懸念材料を与えてしまい、今後の取引関係に亀裂が入ってしまう可能性もあります。

ビジネクスト ファクタリングは債権譲渡登記を行いますが、基本的には譲渡承諾や譲渡通知が不要。

請求書発送や入金口座も契約者名義で実施しますので、売掛先企業に売掛債権の売却を知られることはありません。

だから安心して今後の取引を継続することができます。

ファクタリングは融資ではないので銀行のように外部の信用情報機関を利用しての審査は行いません。

だから信用情報に履歴を残すこともないので今後の銀行との取引に影響を及ぼすこともありません。

経営状態が赤字でも、銀行の弁済をリスケ中でも税金が未納(分納中)であっても利用できるのがファクタリングの特徴です。

銀行での融資を断られてしまった方、すぐにでも資金調達が必要な方、一度ビジネクストへ相談してみてはいかがでしょうか。

ファクタリング銀行・企業の口コミ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
シェアする
資金調達大全