セゾンファンデックス/不動産担保ローンの評判・審査内容・即日融資の可否まとめ

不動産担保ローン

セゾンファンデックスは、東証1部上場で東京に本社を置く大手金融業者、クレディセゾングループの貸金業者です。

今回ご紹介するセゾンファンデックスの不動産担保ローンは、不動産を担保として最大3億円未満の事業性資金を調達することができる商品であり、不動産をお持ちの方なら最短3営業日~1週間程度で資金調達ができる可能性があります。

今回は、セゾンファンデックスの不動産担保ローンについて特徴やおすすめポイントなどを紹介します。

申し込みをする
※赤字や債務超過でも利用可能
最高額を調達する方法 ファクタリングランキング
ビジネスローンランキング 不動産担保ローンランキング
※当サイトでよく読まれているページです

セゾンファンデックス/不動産担保ローンのポイント

借入限度額 100万円~3億円未満
審査時間 最短3営業日
年率(実質年率) 15%以内(事務手数料・調査料など含む)
収入証明の要・不要
保証人の要・不要 原則不要
在籍確認の有無
返済方式 元利均等返済(最長25年)

即日融資の可否とその方法

セゾンファンデックスの不動産担保ローンは即日融資には対応していません。

申し込みから融資を受けるまで、最短でも1週間はかかります。

不動産担保ローンは担保になる不動産の調査や確認が必要なため、一般的なビジネスローンなどと比較して時間がかかります。

お急ぎの方は、早めに相談することをおすすめします。

最短即日融資可能なカードローンを見てみる >
※原則24時間振込可能・10秒簡易審査

審査の流れと必要書類

セゾンファンデックス/不動産担保ローンは、法人・個人事業主を問わず利用が可能です。

申し込みについては、電話のほかネットからの相談も可能となっており、ネットの場合は24時間受付可能です。

仮審査は最短即日、本審査は最短3営業日での回答が可能となっています。

審査の流れと必要書類は以下のとおりです。

<審査の流れ>

  1. 申し込み・相談
  2. 仮審査
  3. 必要書類の提出
  4. 本審査
  5. 契約

<必要書類>

  • 代表者の本人確認書類
  • 代表者の住民票
  • 収入証明書
  • 登記簿謄本
  • 決算書(直近2期分)
  • 事業計画書
  • 納税証明書
  • 担保予定不動産のローン残高が確認できる書類

セゾンファンデックス/不動産担保ローンのメリット・デメリット

セゾンファンデックス/不動産担保ローンは、以下のようなメリットとデメリットがあります。

<メリット>

  • 柔軟性がある
  • 審査ノウハウがある
  • 保証人が不要
  • 全国対応可能

<デメリット>

  • 諸経費がかかる

セゾンファンデックス/不動産担保ローンのメリット

柔軟性がある

セゾンファンデックスの不動産担保ローンは、適用金利や期間、金額などの選択肢が幅広く、様々なニーズに対応可能です。

変動金利と固定金利の選択ができることや、5年~最長25年の期間ができること、借入金額も100万円~最大3億円未満まで利用でき、柔軟性があるサービスとなっています。

変動金利の場合は2.65%~3.65%、固定金利の場合は5.8%~9.9%の金利となっており、他社からの借り換えの場合は金利が低くなるキャンペーンも実施しています。

ご自身で不動産を持っていなくても、親族や会社など第三者が持っている不動産を担保にして資金を借りることもでき、銀行などから資金が借りられずお悩みの方の強い味方になる可能性があります。

審査ノウハウがある

セゾンファンデックスの不動産担保ローンは、創業間もない企業のほか、赤字や債務超過であっても利用することができます。

また、担保となる不動産についても、容積率オーバーや借地権付物件、築古物件やすでに担保がついている物件など、幅広い種類の不動産が対応可能となっています。

そのため、不動産があれば他の金融機関で融資を断られた方でも利用できる可能性があります。

保証人が不要

セゾンファンデックスの不動産担保ローンは、原則として保証人は不要です。

ただし、法人の場合は代表者の個人保証、第三者の担保提供の場合はその方の連帯保証が必要となります。

全国対応可能

47都道府県全てで申し込みが可能です。

担保となる不動産についても全国が対応エリアとなっています(一部未対応エリアあり)。

申し込みをする
※赤字や債務超過でも利用可能

セゾンファンデックス/不動産担保ローンのデメリット

諸経費がかかる

セゾンファンデックスの不動産担保ローンは申し込みの際、事務手数料や担保となる不動産の調査料、収入印紙代や融資金額の振込手数料登記費用など各種諸経費が発生します。

また、申し込みは電話やネットですることができますが、契約時には来社する必要があり、来社できない場合は2~4万円程度の追加費用が発生します。

なお、諸経費(振込手数料と登記費用を除く)は融資実行時に融資金額から引かれるため、予め準備しておく必要はありません。

セゾンファンデックス/不動産担保ローンのポイントまとめ

セゾンファンデックスの不動産担保ローンは、その柔軟性や審査ノウハウが特徴であり、銀行などで資金が借りられなかった方でも担保になる不動産をお持ちの方であれば利用できるサービスとなっています。

最大3億円未満の資金を、最短1週間程度で借りることができる可能性があり、お急ぎの方にもおすすめです。

ネットから簡単に仮審査ができるので、資金調達にお悩みの方はまず問い合わせをしてみてはいかがでしょうか。

申し込みをする
※赤字や債務超過でも利用可能

最高額を調達する方法 ファクタリングランキング
ビジネスローンランキング 不動産担保ローンランキング
不動産担保ローン 銀行・企業の口コミ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
資金調達大全
タイトルとURLをコピーしました