「MSFJ」の評判・口コミ・審査内容まとめ

ファクタリング

MSFJのファクタリングサービスは、最低取扱額の設定がなく、かつ手数料も業界最低水準の会社です。

だから、手数料をなるべくかけずに利用したいおすすめでき、すぐに必要な分だけ資金化することが可能です。

そんなMSFJのファクタリングサービスの特徴についてご紹介します。

MSFJのファクタリングサービスの特徴まとめ

金融機関名 MSFJ株式会社
2社間ファクタリング可否
2社間ファクタリング手数料
3社間ファクタリング可否
3社間ファクタリング手数料
事務手数料の有無
資金化までの期間 最短1日
最低取り扱い額
最高取り扱い額 5000万円

MSFJのファクタリングサービスのメリット

MSFJのファクタリングサービスを利用するメリットは下記のとおりです。

  • 業界最安のファクタリング手数料
  • スピード審査即対応
  • 3社間ファクタリングを利用できる
  • 建設業界の利用者に向いている
  • 全国対応

業界最安のファクタリング手数料

最も大きなメリットは、業界で最低水準のファクタリング手数料です。

MSFJのファクタリングサービスは、「クイックファクタリング」と「プレミアムファクタリング」という2つのプランを設けています。

クイックファクタリングは、今すぐに資金調達をしたい方に向いています。

利用可能額は、最大で300万円までの利用ができ、手数料が3.8%〜9.8%です。

プレミアムファクタリングは、大口での資金調達をしたい方に向いています。

利用可能額は、最大で5000万円までの利用ができ、手数料が1.8%〜6.8%です。

下限手数料に目を向けてしまいがちですが、上限手数料に注目してみましょう。

300万円以下の利用で9.8%、300万円以上の利用でも6.8%です。

この上限手数料は、ファクタリング業界全体と比べても非常に低いと言えます。

少しでもファクタリング手数料を抑えたい方には、非常におすすめしたい業者です。

スピード審査即対応

MSFJのファクタリングサービスは、最短即日での利用が可能です。

そのため、急遽資金が必要になった場合にも資金調達ができます。

ただし、利用可能額が100万円までの方に限ります。

3社間ファクタリングを利用できる

MSFJのファクタリングサービスは、3社間ファクタリングを利用できます。

3社間ファクタリングは、2社間ファクタリングと比べて非常に手数料が低いため、できるだけ手数料を抑えたい人におすすめです。

ただし、お取引先に「資金繰りが悪化している信用度が低い企業」、というマイナスイメージを持たれてしまう可能性があります。

メリットとデメリットを考慮した上での利用を検討しましょう。

建設業界の利用者に向いている

MSFJ株式会社は、建設業や建築業者向けの斡旋サービスやコンサルティングサービスを得意としています。

その影響により、買取り実績については建築業や建設業の債権が多いです。

コンサルティングサービスについては顧客ニーズにマッチしたサポートを提供しています。

ファクタリングだけの利用ではなく、コンサルティングサービスも受けたい方におすすめの業者となるでしょう。

全国対応

MSFJのファクタリングサービスは、申し込みをWeb上でおこなっており、その後のヒアリングの際も、担当者自らが出張してくれるサービスがあるので、全国どこでも利用できます。

東京在中でなくとも利用が可能なため、遠方や地方にお住いの方にもおすすめです。

MSFJのファクタリングサービスのデメリット

MSFJのファクタリングサービスを利用するデメリットは、利用可能まで時間を要する場合があることです。

Webサイト上では、最短即日で資金調達ができると記載されていますが、最もスムーズに手続きが処理できた場合にのみ該当します。

面談の実施等で時間を要してしまうと、数日の遅れは生じてしまいます。

確実に最短即日での利用をしたい方は、面談不要のファクタリング会社を利用しましょう。

MSFJのファクタリングサービスの審査で必要な書類

  • 過去や直近での取引入金が確認できるような書類
  • 成因資料(契約書・発注書・納品書・請求書等)
  • 取引先との基本契約書(ない場合は要相談)
  • 決算書(税務署申告済印必須)勘定科目

MSFJのファクタリングサービスのおすすめポイントまとめ

今回は、MSFJのファクタリングサービスを解説しました。

特におすすめしたいのが、できるだけファクタリング手数料を抑えたい方です。

最短即日での資金調達が可能なため、できるだけ安く早く利用したい方は検討してみてはいかがでしょうか。

ファクタリング銀行・企業の口コミ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
シェアする
資金調達大全