誠和キャピタル/ファクタリングの評判・口コミ・審査内容まとめ

ファクタリング

誠和キャピタルは、東京都に本社を置くファクタリング会社です。

「即日入金可能」「全国対応可能」「償還請求権なし(ノンリコース)」を特徴とするファクタリングサービスを展開しています。

赤字や債務超過、税金滞納などで他の金融機関で借入を断られた方なども利用することができ、審査ハードルは高くないと考えられます。

今回は、そんな誠和キャピタルのファクタリングについておすすめポイントや魅力をご紹介します。

最高額を調達する方法 ファクタリングランキング
ビジネスローンランキング 不動産担保ローンランキング
※当サイトでよく読まれているページです

誠和キャピタル/ファクタリングの特徴まとめ

会社名 誠和キャピタル株式会社
2社間ファクタリング可否
2社間ファクタリング手数料 非公開
3社間ファクタリング可否
3社間ファクタリング手数料 非公開
事務手数料の有無 非公開
資金化までの期間 最短即日
最低取り扱い額 30万円
最高取り扱い額 5,000万円

誠和キャピタル/ファクタリングは個人事業主でも利用できる?

誠和キャピタルのファクタリングは、個人事業主の利用についてHPの記載がなく利用可否は不明です。

しかし、HPの取組事例や説明文は法人向けに関する内容しかないため、個人事業主の利用はできない可能性があります。

誠和キャピタル/ファクタリングの契約までの流れ

誠和キャピタルのファクタリングは、電話・FAX・メールでの申し込みが可能であり、来店不要で相談・問い合わせをすることが可能です。

全国対応可能となっており、契約までには原則として面談が必要ですが、出張対応もしているので来店不要で手続きをすることが可能です。

申し込みから契約までの流れは以下となります。

<契約までの流れ>

  1. 問い合わせ(電話・FAX・メール)
  2. ヒアリング審査
  3. 買い取り条件見積もりの通知
  4. 契約
  5. 入金

誠和キャピタル/ファクタリングの契約で必要な書類

誠和キャピタルのファクタリングはHP等での公開情報が少なく、契約に必要な書類については記載がありません。

しかし、最短即日対応可能であることを考えれば審査ハードルは高くはないと思われ、一般的なファクタリング会社で必要となる書類とおおむね同じ書類が必要になると思われます。

<一般的なファクタリングの契約に必要な書類>

  • 売掛金の存在が確認できる書類(請求書や契約書など)
  • 入出金のわかる通帳
  • 本人確認書類
  • 登記簿謄本など

誠和キャピタル/ファクタリングのメリット・デメリット

誠和キャピタル/ファクタリング には、以下のようなメリット・デメリットがあります。

<メリット>

  • 即日入金可能
  • 全国対応可能
  • 償還請求権なし(ノンリコース)
  • 審査ハードルが高くない
  • 債権譲渡登記は相談次第で不要

<デメリット>

  • 買い取り金額の上限が低い
  • 公開情報が少ない

誠和キャピタル /ファクタリング のメリット

即日入金可能

誠和キャピタルのファクタリングは、申し込みから最短で即日の入金が可能となっています。

「売掛金の回収サイトが長くて困っている」「支払い期日がせまっているが資金が足りない」など急いで資金調達をしたい経営者にとっては助かるサービスとなっています。

申し込みの時間帯によっては翌営業日以降となる場合があるため、お急ぎの方は早めの問い合わせをおすすめします。

全国対応可能

誠和キャピタルの事務所は東京ですが、ファクタリングの申し込みは日本全国可能となっています。

HPのお客様の声には愛知県や兵庫県、鹿児島県、岩手県などで取組事例があり、東京の方のみならず、地方の方でも利用することができます。

契約までには面談審査などもあるようですが、出張対応も可能なので忙しくて事務所に行けない方でも安心です。

償還請求権なし(ノンリコース)

誠和キャピタルのファクタリングは償還請求権なし(ノンリコース)となっており、売掛金を譲渡したあとに取引先(売掛先)が倒産しても契約者は資金を支払う必要はありません。

ファクタリング契約者のリスクが限定されるため、資金が必要な方にとっては助かるサービスとなっています。

審査ハードルが高くない

誠和キャピタルのファクタリングは、他社で売掛金の買い取りを断られた方でも利用実績があり、一般的なファクタリングサービスと比較して審査ハードルは高くないと思われます。

赤字決算や債務超過、税金滞納中、銀行とのリスケ中、設立間もない企業などでも利用が可能です。

債権譲渡登記は相談次第で不要

2社間契約は原則として債権譲渡登記が必要となりますが、取引先(売掛先)への影響が不安な場合は相談すれば登記を設定せず資金調達をすることが可能です。

誠和キャピタル/ファクタリング のデメリット

買い取り金額の上限が低い

誠和キャピタルのファクタリングは、買い取り金額が30万円~5,000万円となっています。

一般的なファクタリングサービスの中では、上限5,000万円は比較的少額なため、売掛金の金額が大きい企業では希望する金額が調達できない場合があります。

公開情報が少ない

誠和キャピタルのファクタリングは、HP等での公開情報が少なく、設立年月など運営者の詳細情報がわかりません。

また、売掛金の買い取り手数料上限が明記されておらず、調達コストが事前にわからない点がデメリットです。

電話による問い合わせが可能なため、手数料などの条件を確認した上で他社と相見積もりを取ってみることをおすすめします。

誠和キャピタル/ファクタリングのおすすめポイントまとめ

誠和キャピタルのファクタリングは、「即日入金可能」「全国対応可能」「償還請求権なし(ノンリコース)」「赤字や債務超過でも利用可能」などが特徴のサービスです。

買い取り条件は電話やメール、FAXで問い合わせができるため、資金調達にお悩みの方は相談をしてみてはいかがでしょうか。

最高額を調達する方法 ファクタリングランキング
ビジネスローンランキング 不動産担保ローンランキング
ファクタリング 銀行・企業の口コミ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
資金調達大全
タイトルとURLをコピーしました